まっすぐ歩けなくってすんません…個性的な子供話炸裂中

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.03.31

category: 未分類

会議

今日はお昼から、体操の役員で集まっていました。

子どもたちは2人でいつものように、学習センターでPCをしたり、公園で友達と遊んだりしていたようです。

途中、何度か「おやつ食べていい?」などと、携帯に電話があったり…。

何とか夕方からのユニフォーム点検に間に合い、プリントを配ることが出来ました。

初回と言うこともあり、段取りの悪い私たちを、先輩ママたちが上手に助けてくれ、ユニフォームの点検も、プリントの配布も無事に終わりました。

これで今月の仕事は終わりだわ~v

ダンナが気を使ったのか、
はたまた本能か………。

迎えに来てくれました。
さんきう★
スポンサーサイト

2005.03.28

category: 子ども

ようやく

半月ほど遅れてしまいましたが、あかねの誕生日プレゼントを買いました。

誕生日にはまだ発売されていなかったDSのソフト。
タッチカービー初回限定のピンクのタッチペンと、ひなたが好きなカービーというのがきっかけ。

もちろんひなたはメチャクチャ羨ましがってます。

だけど、手に入れて1時間も経たずに
「こんなの もうあきた~。」


始まっちゃいました。


クリアできない部分があると、すぐに投げ出してしまうあかね。

やはり、今回も……(6 ̄  ̄)



グチグチ言いながら、難しい場面はひなたに助けてもらっています。

2005.03.27

category: 子ども

イギリスで勉強しましょう?

あかねとアニメを見ていたら、CMが始まって
く○んのCMが流れ出した。

プリントをやっている子どもたち。
イギリスでは足し算1つでも


□+□=5

□+□=7

といったように、考える幅がある問題らしい。
く○んさんではこういう学習をしているのかな?


おっと。話がそれました。

それを見ていたあかねは、

「あたしイギリスに産まれなくって良かった。」


思わず笑っちゃいました。

あかねは応用が苦手なので、


2+3=□

5+2=□

のほうが楽なんですね。


やっぱり応用力…弱いです。

今日も



3×7=8×4-□



苦悩していました壁|〃´△`)-3ハゥー


せっかちなところがあるので、すぐに


・゚・(ノД`)・゚・。

「わかんないーーー!!」

って なっちゃいます。

2005.03.26

category: 未分類

野菜中心生活

昨日さっそく野菜を買いに行ってきました~ \(^O^)/
ちょうど食材が少なくなってきていたのでv



目標はいきなり大きく持っても続かない。
これが私の今までの失敗から得た考え。


とにかく食べることが好きな我が家でできることは、

野菜を多くすること。

これがキノコ尽くしや、サラダ三昧では飽きてしまいます。


だから基本中の基本。


野菜の摂取量を増やす




これでしばらくやってみます。
もちろん、肉も魚も排除しません。
ってゆーか、絶対無理

子どもたちはおやつも、もちろん有り。



とにかく私の胃袋が標準に近づくよう……気をつけます(* ̄m ̄)




そうそう、そんな矢先。

置き薬屋さんがやってきました。
ついついノリで青汁とカルシウムを分けていただきました。
おっちゃんのお勧めは『青汁』だそうですが
続ける根性のない私にできるでしょうか…(滝汗)

たぶん続かないなぁ…(; ̄ー ̄)

2005.03.25

category: 子ども

ボーリング

春休みに入って最初の日です。

最近は図書館のほかにも行き場を見つけた子どもたち。
朝から地域の学習センターに行っていました。
そこではPCを無料で1時間貸してくれるらしく、色々好きなアニメなどを検索しているようです。


お昼になって、子どもたちが帰ってきました。


あかねに「今日は子ども会のボーリングの日じゃない?」
そういわれ、予定を確認すると、やっぱりボーリングの日でした。
集合時間まであと10分!
大慌てで昼食を食べ、出かけていきました。

ごめんよぉ~。うっかりしてたわ~A(^^;)


後であかねから聞いたんだけど、ひなたはルールが分からず、途中で投げだしちゃったみたい。
その後はあかねが2人分ゲームしてたんだって。

帰ってきたひなたは、怒ってるわけでもなく「面白かったよ。」で、終わり。

まぁ、こんなもんでしょうね。

役員さんにお礼を行って帰ってきました。

2005.03.25

category: 未分類

ダイエット

我が家も、春休みに突入しました。
私の頭の中は、ダイエットと掃除のことで頭がいっぱいです。
春になるというのに、体重は変動もなく…(汗)
昨日のテレビ番組は衝撃的でした。
韓国の女性がダイエットを頑張って、ナイスバディーを手に入れたというお話。
しかも彼女は70kg近くあった体重を、48kgまで落としたらしい。
きっかけは腰痛…。
医者に行くと、病気ではなく肥りすぎだと宣言されたそうな…。
当時、彼女は32歳、2児の子持ち。
腰痛に加え、ひざの痛みも出てきて、旦那さんにバカにされつつも
そこからジムに通って、食生活を改めて…彼女は頑張り、見事カリスマ主婦の座を手に入れたそうです。

引き締まった体は羨ましいとしか言いようがないです。

しかも彼女のすごかったのは、

旦那もダイエットさせちゃったこと!

旦那さん曰く、
「知らない間に、僕も体重が減ってました。」



!!( ̄Д ̄;;


思わず、私は隣りを見てしまいました。
そこには10数年前とは別人のダンナがいます。

「俺は別に気にしてないからなぁ。」

私に気を使うダンナ。



いや。そうじゃなくって……。

家族を肥満にしちゃってるのは
もしかして










あたしのせい?!!( ̄Д ̄;;




やばいです。

ええ………かなり。



健康である為に、食生活の見直しをしなくちゃです。

2005.03.23

category: 広汎性発達障害(AS)

調理実習

昨日から雨続きの大阪は、ちょっと肌寒いです。

さて、今日は養護学級での今年度最後の調理実習と聞いていました。

なのに私ときたら、エプロンと三角巾の用意をすっかり忘れていたのですΣ( ̄□ ̄;)

しかし、まぁ何とかなるかも♪






そう思った私が悪かったわ~ミ(ノ_ _)ノ=3



ちゃんと朝からメールがありました。
もちろんメールの相手は養担。

ひなたがクーのがまぐちとエプロンを持ってきてほしいと言ってることと、がまぐちがピンクの箱に入っているといった内容でした。



やっぱり気にしていたのかーーー!( ̄Д ̄;;





…………ん?



その時に、クーのがまぐちも持ってきて欲しいって…

しかもしっかり置いてある場所までかいてあるじゃない~!( ̄Д ̄;;


クーのがまぐちとは、ジュースの景品で付いていたものなんだけど、とっても小さいです。その中にはひなたが大好きなアニメティー○タイタンズのイラストを雑誌から切り抜いたものが入っているんです。

それを届けるってことは、先生は学校に必要のないものを持っていくことを許可したのでしょうか…(汗)

とにかくメールを送るぐらいなんだから早急に必要なのかも知れない…。



ってことで、雨の中、学校に行ってきました。
ついでに調理実習している3人にも会えるかも…?



教室を覗くと、ひなたと養担と介助さんしかいませんでした。

今日の調理実習はひなた1人だったようです。
あと1人は欠席。
もう1人はクラスに行っていました。


廊下へ出てきた養担と少しお話をしました。
やはりここのところ学校でも順調で、テストをクラスで受けたり、頻繁にクラスに行きたがったそうです。
クラスでティー○タイタンの話を通じて、友達と会話をしたり、イラストを描いたりしあっていたようで、鋼の錬金術師なども覚えてきたり、友達と一緒に、市の施設でパソコンを使ってアニメを検索したり楽しみの世界も広がったようです。

心が安定しているからか、欠席しているいつもケンカが絶えない一年生の子のことも「今日はお休みだけど、蒸しパンをお土産に持っていってあげたらいいよ。」と言った発言もあったようです。

やはり、ひなたにとって、友達とうまくいくことは大切な気がします。


調理実習は、蒸しパンにチョコやアーモンドプードル、ブルーペリージャムを入れたものを、作ったようでお土産もしっかり頂きました。

来年は新1年生を迎え、4人の予定だそうですが順調な新学期を迎えられることを願うばかりです。

2005.03.19

category: 未分類

引継ぎ

体操団の役員の引継ぎがありました。
やっぱり人様のお金を扱う仕事なもので、書き物が多そうです。

初めて書類を見せていただいたのですが、かなり本格的できっと経理を扱える方が、役をなさったことがあるのでしょう。
書式がそんな感じでした。


うおおぉぉぉぉ…。
家計簿もまともにつけられないアタシに1年間勤まるのでしょうか(滝汗)

前回、会計をなさっていたタカ○シさんは「大丈夫~。毎回きちんとつけていればね~。」とおっしゃっていましたが…。
あとは何をおっしゃっているのか分かりません。
「一度に言われても覚えられませ~ん。」ということで、追々お聞きすることにしました。


引継ぎついでにタカ○シさんの脳みそも分けてほしいわ~。


書記の方がPTAのお仕事でお忙しいとのことだったので、春の総会資料作りをしながら始めることになりました。


ついつい、引き受けてしまいましたが、アタシなんかで務まるかしら…(((((;゚д゚)))))

今更言ってもしょうがないよねぇ。
とにかく頑張ります~。

2005.03.18

category: 日常

行きはよいよい…

今日は卒業式なので、5・6年生以外はお休みというわけで
うちの子どもたちは4連休に突入します。

何気にメールをしていて、突然ですが、さやちゃんがこっちの市に来ていることを知って、お互い子連れで会うことになりました。

いざ出かける頃になって、子どもたちをみると


なぜか2人とも



リッュックを背負ってるじゃないの~Σ( ̄□ ̄;)!!



中身はアメ・おやつ・ゲーム・マンガ


ちょっと~。なくなって大騒ぎしたり、荷物が重たくなって持たされるのは、絶対嫌だからね~ヽ(`Д´)ノ


ようやく身軽になってマ○カルにお出かけ。(←もちろんチャリです)

子どもたちの行きたいところを中心に、気がつけば親のペースか?楽しんできました。



さやちゃん親子が帰っていった後も、子どもたちとしばらくウロウロして、いざ、帰るぞ~。ってなるとあかねの手荷物がないじゃない~Σ( ̄□ ̄;)!!

あわてて、思い出したお店へ逆戻り。
みつかりました。
さぁ、こんどこそと意気込んで自転車置き場に行くと



あかねが




「鍵がない~!!!」・゚・(ノД`)・゚・。




  _, ._
(;゚ Д゚) …マジデ?!





自転車の鍵は落とさないように手首にかけられるキーホルダー(鈴付き)になっているのですが、どうやらはずして置いてしまったようです。
半日ほどマ○カルで過ごしたのに、どこで落としたか全く思い出せないあかね_| ̄|○


ええ……。寄ったお店をほとんど廻ってみました。

しかし、ない。





ふと。







サービスカウンターを発見し、確認をとってみることにしました。



とっても親切なマ○カルのサービスカウンターのお姉さんが、「こちらには届いていませんが、全フロア問い合わせしてみますね。」とにっこりしながら電話をかけてくれました。

その中で一件それらしきものがあるとサ○ィのサービスカウンターからお知らせがあり、そっちへ向かうことに……。



サ○ィのサービスカウンターで色違いのひなたの鍵を見せて聞くと、ありましたよ~。
あんなボロッチイ鍵を、アジア系ショップのお姉さんが届けてくれたそうです。
ありがとうよ~イカスターバン巻いたお姉さん!
これでようやく家に帰れるよ~(ノД`)

2005.03.15

category: 子ども

タイムアタック

先週の半ば辺りから、ひなたの様子にちょっと変化がありました。

いつも宿題に3時間ほどかかっていたのですが、

今は30分くらいで終わるんです!!



これって、我が家にとっては快挙!

しかも、1週間続いてる!!


もともとのきっかけは、あかねが100マス計算の5分間チャレンジの宿題を持って帰ってきたのがきっかけで、携帯のストップウォッチ機能を使っていたところ、
携帯大好きなひなたにも「宿題、全部で何分かかるか計ってみる?」と聞いてみると、乗り気で23分で全て終了しました。

気を良くしたひなたは、翌日もチャレンジ。
そして、最高記録13分で終了。
さすがにこれ以上、早くは難しいよね~。

遅くなった時にショックを強めないように、1週間の中で、何曜日が1番早くできるか予想することにして、週間ランキングに変えました。


今回のひなたは、達成感が強いのか、やる気です。


おかげで私の夕方の気持ちも、かなり楽になりました。

2005.03.11

category: 広汎性発達障害(AS)

調理実習

その後、親の希望を連絡帳に書いて欲しいといった内容の連絡を養担から頂きました。
うまくかけたかは分かりませんが、将来、ひなたが希望した時の幅の1つとして、教室での学習を考えていることをお伝えしました。
現在取り組んでもらっている『可能な場面での参加』を賛成していることも添えました。

水曜辺りから、ひなたは養級にも戻るようになりました。
この日は、翌日のシチュー作りのための材料を買いに養級の子たちと行きました。
帰りに、近所の公園の滑り台で遊んでいる時、養担に「Dちゃんも滑れるように手伝ってあげて~。」と頼まれ、後ろにそっとついていたそうです。
いつもケンカしている相手だったのですが、うまくすごせたようです。

木曜は、養級の菜園で採れたブロッコリーを使って、クリームシチューを作ったそうです。
材料を切るところまでだったようですが…。
火を使うところは先生たちがしたそうです。

校長先生におすそわけをしたり、担任の先生を招待したりしたそうです。
担任の先生が、ひなたに招待状をもらって食べに行ったことを連絡していただきました。

隠し味に牛乳とスライスチーズを入れたことを帰ってきて話していました。
昔のCMにあったように、お鍋の「愛情v」って入れた?と私が聞くと、
「いれた。」と、親指を立ててポーズをとっていました(苦笑)

2005.03.09

category: 広汎性発達障害(AS)

言葉の難しさ

この間の喋り場の後から、養担との間に言葉の食い違い?がありました。

連絡帳によると、ひなたは金曜の1時間目、いつものように朝の会(養級)に出席していたのですがニアミスがあったようです。そしてそのまま4年生の教室へ脱走し、養担や介助が呼びに行っても、養級には戻らず、1日過ごしたことが書いてありました。

私はお返事で、『教室にいたい時などは、参加させていただけたりは、やはり難しいでしょうか…』と書きました。
今まで逃げ場がトイレや図書室、保健室と人のいないところだったのに、クラスに行けたということは、人が嫌いな訳ではなく、養級から離れたかったからだと思ったことと、教室で受け入れられるなら、また違うかと思ったのです。
まぁ、教室から養級に逃げる子はいても、養級から教室に逃げる子って珍しいですよね。今回も他の養級の生徒ともめたんだと思うんだけど、相手の子がある場合は、プライバシーの保護とかで、名前や事情は話してくれませんからね。

養担からのお返事は、
学習に関係なく同じ時間と場所を共用するだけで、学習中、ひなたは自由に遊んでいる状態で良ければ参加を増やす。しかし、勉強は全く保証しない。といった内容の冷たい文章が返ってきました。
この日も2時間目からずっと、教室にいたそうです。

なんで、こうなるんでしょう…。
昨夜、かなり悩んでお返事を書きました。
私の書き方が悪かったかも知れないこと。ひなたはそれを希望していると養担に話しているのか?私は聞いていないこと。
対応の手段として、お聞きしていることが、どうしてそんな話になったのか…。

今日、養担からお返事がありました。
読み取りが浅かった…と。
家庭での考えが、出来るだけ教室での学習を望んでいると受け止めたこと。最後は、親の考えを聞かせて欲しいとしめくくってありました。


正直言って、親の希望としては集団で過ごすことを苦に感じないのであれば、教室で過ごして欲しいと思っています。
養級には取り出しで逃げ場と、学力保証に使って欲しいと思っていました。
しかし現実はそんなに希望が通らなかった。

毎日、1時間は確実に養級で水やりや、朝の会、紙芝居、絵本の読み聞かせに使われています。
これは養級の子は必須なのです。(コミュニケーション強化らしいです)
これに関しては、喋り場で会った先生方は、全員おかしいと言っていました。
その時に、ほぼ1年間毎日泣くことになるんです。
しかもクラスの子と仲良くしてもらえている今は、ひなたにとって朝の会がとても嫌なものなのでしょう。

しかし、学習やノートをとることを集団で習えなかったひなたは、やはり、今、クラスに戻っても、お客さんでしかないんです。
私はもっとひなたに周囲と同調したいという気持ちが芽生えた時のために受け幅があるのか知りたかったし、戻るならもっと細かい計画が必要と感じています。

どうして養担は白か黒かのような選択しか持ってくれないんでしょうね。
クラスへの参加を多くする手段は、色々あると思うんです。
日曜の喋り場でも、ある小学校の先生は、たとえば算数として計算は皆と一緒に出来なくっても、図形ならできるといった子の場合、一番最初の図形の授業だけでもクラス担任と日程を合わせて、出来るところまでは参加を考えるといった細やかな配慮をしている先生もいました。
今度、お話してみようと思っています。
しかし、また逆手にとられるかな…〃´△`)-3ハゥー

2005.03.07

category: 広汎性発達障害(AS)

こげぱんな気分

ひなたは土曜日になると用事がなければ、図書館へ通っています。
今週も図書館に行っていました。

そして借りてきた本の中に、こげぱんがあったんです。
なつかしい~
kogepan.jpg

ひなたはシンプルなキャラが好きです。

最初は本の中に書いてある北海道のことを楽しそうに話したり、
読みふけったりしていました。


しばらくして
本を眺めながら
「お母さんって焼きそばパンみたい。」
何で?って聞いたら、もの静かでお行儀がいいから…らしい。
ひなた…偶像崇拝ですやん(; ̄ー ̄)...ン?
母さんはてっきりコテコテソースが効いてるんかと思ったわよ~。

「あかねはメロンぱん、幼い性格でとってもおしゃべり」
そういうと、横で聞いていたあかねは、まんざらでもなさそう。
きっとアンパンマンのメロンパンナちゃんと解釈しているのでしょう。

「あたしはこげぱん。何事もなげやりで後ろ向き。」
そう言って、ひなたは笑いました。
ひなたはめんどくさがりだけど、なげやりじゃないと思うんだけどなぁ…。


ひなたが学校に行ってる間に目を通したんだけど、こげぱんってあんぱんだったのね~。
しかも十勝平野原産の最高級小豆で作られているあんこ。

こげた仲間と綺麗に焼けた仲間の物語。
し…知らなかったわ~。

2005.03.06

category: 広汎性発達障害(AS)

先生との喋り場

先日、養護学級の担任から初めて1枚の案内をいただきました。

その内容は『市内の養護学級の先生たちとお話をしましょうの会』の案内です。
話の中心は特別支援について。
そして日頃感じていることを話しましょうというものでした。

時間に着くと、うちの学校の担任の先生はいませんでした。

託児もあったのですが、
中学養護の先生1名、小学養護の先生5名、保護者は5名(一件は夫婦だったので、4件になるのかな)

みんな連絡が行かなかったのかな?それとも興味なかったのかな…。
私と私の友達以外の2件は、今春入学予定のお子さんをお持ちの家庭でした。

だから話の内容は学校に楽しんで行ってくれるか。
教育委員会の言い分を保護者の方がお話して、養護学校側の言い分を聞くといった形でした。

私は進路(公立中学や養護学校)の選択や、見学について助言を求めたのですが、結局応えはいただけないままに…。

中学の先生は、個別の資料作りは小学校の間に済ませていて欲しいというし、小学校側は市から出された資料作りが、軽度の子の為の資料しかなかったから、平等じゃないって怒っているし、
ひなたのことも平均3時間も養護学級にいるべき子ではないといいながら、教室に受け入れがなければ難しい。

結局、校長や養護学級担任ともっと話し合うべきだ。
その場に専門の医師も連れてきて、なにに重点をおくべきか考えるべきだという意見を言われました。
私はコミュニケーションの為には通常クラスにいる時間を増やしたいんだけど、養護学級単位のコミュニケーションが取れていないのに、クラスでなんて理不尽だと…。

親として将来何をさせたいのかはっきりしなさいとも…。

介助員や教員の不足。
子どもを可愛いと思っていない先生はいない。

一応、うちの養護学級担任ともかかわりがある先生たちなので、そんなに本音も言えず…。
(まさか、今の養護学級の先生がクラス担任のときに、ボロカスに言われて、医師になきついて養護学級に変わったら、翌年から養護学級担任になったとは言えませんよね。)

気持ちのすっきりしない話し合いでした。

でも、色んな学校の先生とお話できることは大切ですね。
知的・軽度・重度といろんなニーズをかかえたお子さんを他校では7人に1担任1介助といった厳しい現実があります。
うちのように3人なんて小規模(しかも皆軽度)は稀でしょう。
クラスも40人体制に1担任ですもんね。
ひなたのクラスは約35人副担任付き。(他の学年は平均22人1担任)

今、この場にいる先生方が強く願っている25人クラスを達成しているんですから…。

まぁ、実際、うちの学校では「こんなに大勢の中ではなかなか…」って言われているんですけどね。
子どもたちが変わったから教育が難しくなったと多くの先生はおっしゃっていました。
書類が多すぎるとも…。


終わってから2人の先生に声をかけられました。
「お子さんのお名前は?」と。
「ひなたです。」と応えると、「ああ。やっぱりソーラン節ノリノリだった子よねぇ。」と先生。
先日の発表会のときのひなたの様子や交流でご存知だったようです。
(↑ってことは担任バレバレだね/苦笑)

まぁ、バレバレでも、言葉足らずでも、相手の懐に飛び込んで自分の思いを伝えたり、相手の話を聞くことも大切ですよね。

支離滅裂な文章になっちゃってるかも知れませんが…読んでくれた人、ありがとう。ごめんね。

2005.03.05

category: 広汎性発達障害(AS)

巡回相談

2学期の半ばに予約していた巡回相談員の来校が2月末にありました。
この相談員さんは教育委員会方で、軽度発達障害の子どもの学校での生活のあり方を中心に、学校生活を2週間~1ヶ月ほど視察してその後、アドバイスや相談に乗ってくださるという話だったので、養護学級担任を通じて、申し込みをしました。

しかし、待てど暮らせど連絡がない。


ある日、ひなたが「今日、世界中の子どもたちを研究している人と喋った。」と言っていたので、ようやくやってきた。と私への連絡を心待ちにしていました。


やっぱり連絡はナシ…………( -ェ-)


そして、参観の日を迎え、きっと会ってお話できるだろうと期待し、学校へ行きました。


学校には巡回相談員の姿はなく、養護学級の先生からお話がありました。(…っていっても、なぜか廊下で立ち話。)

相談日が1日しかなくて、1・2時間目しか見なかったこと。
その後、放課後に任意で参加のひなたとアスペルガーについての説明会が教師向けに開かれたこと。
相談員さんは若くて、ひなたと会話も接触も順調でベストな時のひなたしか見せられなかったこと。(←ひなたは若い人が好き)
会議にはほとんどの先生が残って下さったこと。

会議の中では、私が日常説明していることを噛み砕いて説明してくださったそうです。それから「お母さんの意見を聞いてください。」と言って下さったようです。
それらを熱心にメモする先生もおられたとか。
ひなたに関わっている先生に個別の例をあげられたそうです。
(関わっている先生=養護学級担任、介助員、学年担任、副担任、図工の先生、音楽の先生、クラブの先生、委員会の先生)

先生たちの反応は、熱心で納得した様子だったそうですが
意地悪な言い方をすると、上の立場の人間の意見しかまともに聞き入れないってことですよね。
私が言ってもいつも聞き入れてもらえなかったんだから……( ̄へ  ̄ 凸

そして、私が告知をしたことも相談されたようです。
相談員さんは、「それは、ひなたちゃんにはいい説明ですね。それで良かったと思いますよ。」とおっしゃってくださったようです。
養護学級の先生もこれで納得した様子。


結局、

私にはこれといって収穫はなかったのですが、先生たちには大きな収穫となったようです。

ようやくスタート地点に立てた気持ちです。

2005.03.01

category: 日常

コツが分かれば怖いもんナシ

最近、家庭教師や塾といった案内の電話が頻繁にかかってきます。。

新学期前のカキイレドキなんでしょうか。


今日も夕食を食べて、ひと休みしていたら電話が鳴った。






今日の電話の向こうの男の人は、某塾の者だが、塾の勧誘でも、家庭教師でも教材販売でもないって言う。




ただ










2年生のお子さんに



勉強のコツを教科書を使って教えてあげている。




しかも




無料で。










らしい( ̄0 ̄)




その方がおっしゃるには、
学校の教科書は1教科6種類あって、その中の一冊でしかどこの学校も習わない。
公立小学校はテストが一種類しかないから習っていないところが出るのだそうな。





だから4教科中、苦手な勉強を1教科ポイントを教えてあげる。

こんないい話、ないでしょ?



確かに


こんな一方的な話、ないよね。( ̄0 ̄)
しかも4教科中1教科って、2年は国語・算数・生活の3教科ですやん。英語も入るのかしらねぇ。




さらにこの男の話はつづく。




この勉強方法は、学校の先生が密かに我が子に教えていた(以前はこの勉強方法は文部省が一般に教えてはいけないと言っていた…らしい)文部省が検定済みで○京コンクールで優勝したすばらしい学習なんです。文部省も優勝したから一般に教えていいと言ってくれたんです。





ほぉ…( ̄0 ̄)



ってゆうか。
○京コンクールってなんですか?






勉強方法のコンクールです。
興味持ったでしょ。いつ訪問したらいいですか?
行くのは、教師免許を持ったすごい先生だから。




結構です…




えっ!なんでかなぁ?
こんなに魅力的なのに~



いや。魅力を感じませんから。


どうやったら魅力を感じてもらえるんでしょうねぇ。



さぁ…では失礼します~。





****


なんだったんでしょうね。
やっぱり塾とかそういった類のもんなんでしょうねぇ…。

そんなに魅力があって、無料で教えたいのなら学校に行って教えてやってくれ~。って思う私は単なるずぼらかも(笑)

2005.03.01

category: 広汎性発達障害(AS)

参観

昨日は4~6年生の参観日で、ひなたの参観に行って来ました。

今回はゆとり教育の一環として「劇」をしました。
ひなたは最初、グループにいたんだけど、配役を決める段階で役に納得できなくって、拒否したそうです。
先生たちで考えた末、全体の司会進行係をさせてもらうことになりました。
練習量は1回。
これは私が提案したのですが、先生がみんなと一緒に練習ではなく養護学級で個別の練習をするというので、いくら練習しても当日の場が読めないので繰り返し読むことの辛さだけが残るということで承知していただきました。

本番はどの子も少し緊張していましたが、準備や手際もよくスムーズな発表が出来たように思います。
ひなたも皆が順に準備などで移動している中、上手に司会の文章を読んでいました。
アドリブも効いていて、「超サイコーな発表でしたねぇ♪ありがとうございました~!」と言って他のお母さん方を笑いに誘ったり…(苦笑)

何人かのお母さんに声がよく通って司会が上手だったなどと褒めていただきました。

プロフィール

あきほ

  • Author:あきほ
  • 関西在住のおかんの戯言にようこそ!


    長女(ヒナタ)は広汎性発達障害/アスベルガー症候群。
    現在、高校1年生。

    二女(アカネ)は吹奏楽/ホルンに夢中。
    現在、中学2年生。

    毎日大騒ぎな我が家。
    おかんの日々の戯言をうだうだと書いてます。
    コメント大歓迎!気軽に書いてってね♪

クリックお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright ©かにの横ばい. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。