まっすぐ歩けなくってすんません…個性的な子供話炸裂中

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.18

category: 日常

海に行こう

この週末、会議を代行してもらって、行って来ました~♪
これを逃すと、もぉ8月半ばまで日曜日を調整できない状態なモノで…σ(=^‥^=)
役員なのに、ズルイかなぁ…?って思ったんだけど、6月からずっと週末は子供も留守番で、私は会議…ちょっと悲しい我が家の事情(涙)


北部は曇りのち雨ということで、最初予定していた日本海はさすがに諦めて、
大阪南部にある二色の浜公園に行ってきました。


私も行くのは初めてで、ドキドキ

帆船マストのモニュメントの前で過ごしました。

ひなたもあかねも1年ぶりの海に大はしゃぎ。
ただ、日焼けがやっぱり怖いのは、私が年のせいかしらね。
日焼け止めを塗ってたのに、しっかりTシャツの跡がついちゃいましたよ(;´Д`)ノ
こんなことなら、Tシャツやめといたら良かったかも~o(T■T)o

ひなたは浮き輪に座った状態でプカプカと漂っておりました。
じつは、あんまり泳げないんです。
我流で15mくらい?
まぁ水が怖いとかじゃなくって、指導が聞けないからってことと
手と足が同時に動くということが難しいようで…

それから ひなたは、知らないご家族に度々声をかけておりました。
「こんにちはーー。」とかなんだけど、
知らない子に海ん中で、イキナリ言われたらビックリですよね(゚Д゚≡゚Д゚)!!!
ダンナと私はヒヤヒヤしましたよぉ。


あかねは溺れたフリして遊んでました( ̄Д ̄;;
ほんとメイワクな奴……。

ここの海岸は、とっても整備されていて、監視員さんも所々におられて、しかも遠浅で、波も穏やかで子供たちにとっては良かったかも?
ただね。海藻みたいなビニールのようなものがいっぱいあって、足にまとわりつく( ̄□||||!!
海岸から2Mくらい離れたらマシかな?
入るときと出てくるときは…( ̄□||||!!

家族だけで海なんて行った事ないから、どうやって過ごそう????
って内心不安だったんだけど、何とか過ごせるもんですねぇ。
前日に知人から教わったスポーツドリンクは、やっぱ良かったです。


それから駐車場近くの公園で遊んで帰りました。
やっぱスゴイねぇ…。子供のスタミナは。
その頃、アタシはバテバテですわ。。。(o_ _)

夕方には会議の結果報告を何人か入れてくれて、めっちゃ感謝な1日でした。
みんな ありがと!
スポンサーサイト

2006.07.18

category: 子ども

期末懇談

1学期末の個人懇談がありました。
さて、ひなたのほうは

やっぱり、学習より環境の問題かな?
どうしても、今年は落着かない様子で、6月以降安定しません。
小さなトラブルや思いどうりにいかないことがあると、教室を飛び出してしまいます。
前回もあったように、教室の窓から外へ出てしまうことも数回あったようで…

本来、出てはいけない場所ですが、小さなテラスのようになっていて、怖がりなひなたは、そこで座っているだけなのですが、やっぱり周囲は心配ですよね。
ここに出てしまうときは、周囲に言いたいことがあるときのようです。
そしてもう1つ、
図書室を逃げ場にしいるのですが、それも誰かに見つかってしまうからなのか、ひなたが入ると余る隙間も無いくらい小さな引き戸の中に逃げ込んだりしているようです。
じぶんで『ひなた、そんなことはよくあることなんだからね。』と、気持ちを落着けて戻ると、ひなたは話していますが、ここに入る時は自分の気持ちを整理していることも多いようです。

暑いのが苦手なこともありますが、できるだけ行事や授業に参加できるよう考えていきたいと話しました。


さて、あかねは………
もぉ、忘れ物大魔王!!!!ガーーーーン(T▽T)
宿題も持ち物も怪しい!
「ちょっと、おうちでも見てあげてくださいねぇ。」すんませ……。。。(o_ _)
リコーダーが得意で、くじけない、明るいと褒めていただきましたが。
まぁ、何とかやってるようです。
初耳だったのが、クラス代表という係り?!
ペアの男の子の名前は知っていると私が言うと、
先生は「あの…Oさん(@あかね)は、最初はちょっとオドオドしてたんですけど、今はちゃんと出来るのに、いっぱい言っちゃうんですよね。あ、でも、悪い子じゃないんですよぉ。」と、おっしゃっていました。
この男の子…今までに何人かの女の子(あかねも)が、泣かされちゃってるからでしょうね。割と強目の子だってことは知ってますが、私自身はあかねがそんなに困ってないようなので、気にしてないんですけどね。
………ってか、うちの子もお口は達者ですから…(6 ̄  ̄)

2006.07.01

category: 広汎性発達障害(AS)

懇談

6年生になって、初めての合同懇談がありました。

養担のU先生、学年担任のU先生と私の三者懇談です。
学年担任は、あかねが1、2年生の時にお世話になった先生なので、まぁ…落ち着いたら話を…と先延ばしになっていたこともあり、ようやく時間を取ることが出来ました。

6月に入って、ひなたは少々荒れ気味で、教室で過ごすことも、養級で過ごすことも少なく、いつも図書室に逃げ込む日々。

「修学旅行までは、うまくいっていたんですけど…。」
そんな先生のご心配そうな様子を横目に話は進んで行く。

まずは一年間の目標と、学期ごとの短期目標。昨年の資料を確認しつつ、今年度は行事を中心とし参加状態の相談をしました。
そう、6年生は校内、校外ともに行事がいっぱいあります。
すべての行事に基本は参加することとし、各行事ごとに苦手感から、調整していきました。

そして療育の際に受けたWISK-Ⅲの情報を元に、苦手感を確認。
ひなたは、診断結果には出ませんでしたが、自己申告により、視覚優先タイプで、知識が高く、時間的な概念や予測する力の割に事務処理速度が遅いこと伝えました。
つまり2年生の頃、とても苦しんでいた「漢字ドリルをノートに書き写す」といった作業や「黒板に書かれたことを写す」といったことはとても困難だということがはっきりしました。

診断の結果をお伝えすることで、この間のサポートブックがより信憑性の高いものだということを、再度確認していただくことが出来、また 中学校に向けて、教育委員会に提出する資料としても役立ちそうです。


話は戻って、最近荒れ気味なこと。

じつは春に転校生がやってきて、その男の子とうまくいかないようで…
彼は家庭環境の事情で女子が嫌いなのだそうです。だから、ことごとくクラスの女子といざこざをおこしているのですが、ちょうど修学旅行から帰り、席替えがありました。
そしてひなたの逆隣り席になって、ことごとく干渉しているようで、ひなたが「私に関わらないでよ!」と言っても、「いやだ。」
「どうして私に関わるの?」と聞くと、「お前が変だから。」
そう、返してくると、ひなたは憤慨していました。
クラスでも、移動教室でもずっと隣り。限界を感じ、養級に逃げると、新1年生が大騒ぎ。
ひなたは逃げ場を求め、図書室にこもりだしたようです。
クラスの子たちは、長い付き合いの中、ひなたとの距離の取り方が上手になってるから「●●が悪いねん。言わんかったらええのに」と、何人かは止めてくれていたようなのですが、やっぱりひなたの周囲の空気を無視したような行動に、納得できなかったのでしょう。

ある日、とうとうひなたは3階の教室の窓から飛び降りました。
そこは人が歩ける程度の小さな足場があり、そこで先生に訴えたそうです。
「●●君の隣りの席は、絶対嫌。変えてくれなきゃ戻らない。」
先生は席替えを約束し、ひなたは教室に戻りました。

●●君と先生は話合いました。
残念ながら、どうして干渉したのかは聞かなかったようですが、今後どうしたらいいのかは本人はよく分かっていたようです。
今後をゆっくり見守るしかないですね。
プロフィール

あきほ

  • Author:あきほ
  • 関西在住のおかんの戯言にようこそ!


    長女(ヒナタ)は広汎性発達障害/アスベルガー症候群。
    現在、高校1年生。

    二女(アカネ)は吹奏楽/ホルンに夢中。
    現在、中学2年生。

    毎日大騒ぎな我が家。
    おかんの日々の戯言をうだうだと書いてます。
    コメント大歓迎!気軽に書いてってね♪

クリックお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright ©かにの横ばい. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。