まっすぐ歩けなくってすんません…個性的な子供話炸裂中

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.29

category: 日常

休日

ゴールデンウィークが 始まっちゃいました。

学校は通常運転だし、旦那も今のところ通常運転。


中学校が始まって、初めての大型連休を ひなたはクールダウンしながら過ごします。
ただ 今月になって2回もパンクしている自転車の3度目の修理ができてないから、歩いて図書館に行く根性はないみたいで、家で燻ってますけどね;;

たいした量じゃないんだけど、宿題もあったりして

これがまた 書き写しが苦手なひなたにとって苦痛の漢字ドリルのようなも本の書き写しです。
いっぱい文句を言いながら、とりかかってます。

あかねは 相変わらずかなぁ~
キーボードを引っ張り出してきて 友達に教えてもらった曲を弾いて遊んでます。

あたしはというと、今年も役員に当たってるもんで(こども会&中学校PTA役員)連日会議三昧です~;;
スポンサーサイト

2007.04.22

category: 日常

参観日(あかね編)

アカネ(@5年)の参観がありました。

ヒナタ(@中1)が今は家庭訪問のためお昼には帰ってくるはずなので、
待っていたんだけど、2時を過ぎても帰ってこない
参観は5時間目だったし、もぉ行かなきゃ…でも、ヒナタがこんな時間まで帰ってこないなんてことないし…
自転車で小学校に向かっていくと、中1の子たちが私服でちらほら…
やっぱり帰ってこないなんておかしい…

不安に感じながらも、小学校に向かい
アカネのクラスに到着。

友達ママから手招きが…



ヒナちゃんの制服姿初めてみたわ~!


いましたよ ひなた


教室の後ろ、ちょうど真ん中あたりに
お母様方と一緒に、制服姿のひなたが平然とすまして立っていました
こういうときって、アカネも別に気にならないようで、平然としていました。

そういえば(アカネが1年生の頃)にも、同じようなことがあったわ~

朝、アカネが「今日は参観日やし、来てな~。先生がヒナちゃんもたまには小学校来てや~ってゆってたで。」と話していたんだったわ~!
行くにしても、そのまま行くことないでしょうに…お昼ご飯も食べてないのに~

別に大騒ぎになったわけじゃないし、行くのはいいんだけど、何だか1人心配してくだびれちゃいました。

2007.04.19

category: 広汎性発達障害(AS)

なんでかな

1つの提案を、半年ほど前に 特別支援学級の先生に出していた。

それは 教室で過ごしていて、辛くなった時の離席の手段。

うちの中学校では、特学の子はいつでも勝手に教室を抜け出て、特学の教室に来てもいいことになっている。
特学以外では、保健室・職員室ぐらいしか常時開いていないし、保健室はちょっと違ったニーズでの休憩場所になっていて、クールダウンは難しいし、職員室は生徒はむやみに入れない規則になっています。

でも、黙って離籍は あんまりお勧めじゃないと感じた私は、離席カードを提案してみました。
その離席カードを授業担当の先生に渡したら、離籍できる(特学に移動)できて、落着いたら特学で次のカードを受け取り教室に戻るという単純なシステムですが、実際には用意されていませんでした。

この間、勝手に私が免許証サイズのものを作って、特学の先生に渡してみました。すぐに学年会議にかけられて、受け入れ対応がされました。



しかし ひなたが受け取らなかったようです。


家で、どうして受け取らなかったのか聞いてみると、驚く言葉を言いました。


「母さん 小学校には○○(養護学級)、中学には△△(特学)があるけど、高校にはないねんで。いつまでも そんなことしてたら 高校行った時 困るやろ。めっちゃ困ったら 先生にゆって貰うから、今はいいねん。」




私が思う以上に大人だったようです・・・

2007.04.15

category: 広汎性発達障害(AS)

いやだ

学校が始まって一週間間が経ちました。

木曜にPTAの仕事で、職員室の前を通っていると、偶然 特担に出会いました。
どうやら話したいことがあるようです。

少し早目に役員の用事を抜けさせてもらって、特級を訪問すると、特級の先生2人と担任を交え、4者懇談になりました。

話の内容は、ヒナタがとっている行動(ひとりごとやショックを受けると、その場で三角すわりをして顔をうずめてしまう、委員をやりたいといいながら、翌日にはやめるという、話口調に微妙なズレがある など)を見ているクラスの男の子が「○○さん(ひなた)の真似。」と口真似をしているのを担任が見かけたことと、小学校から一緒だったN子とAっちが担任に偶然廊下で一緒になった際に、「今のままやったらヒナがヤバイで。あたしらヒナタと一緒のグループになってもええから考えたって」と言ってきたこと。
それらと、特担が見ている状況を踏まえて、障害を理解してもらうべきだという話でした。

では、実際どうするつもりなのか 
特担は、特学の新入生紹介文(親から・本人から・特担からの言葉)を全校生徒に配布する際に、ヒナタを別室に隔離して特担が教室を訪れてヒナタについて理解してもらえるよう話すといいます。そして同じ小学校だし、そこまで気にかけてくれているならN子とAっちに前に出て、ヒナタのことを分かってもらえるように話してもらうといいました。
担任の戸惑う様子をみて、私はヒナタがそれを望んでいるとは思えないことと、N子とAっちがその役を性格上、やりたがらないであろうことを言いました。担任は納得している様子。しかし特担はマユをひそめています。
そして特担は「特学にいることをわかってもらい、そういう障害があることをりかいしてもらわないとイジメがエスカレートする。ヒナタの通ってた少人数の小学校のようにはいかない。みんなに話しておけば特短の子ってことで、イジメられない。イジメラレルノハクラスデ・・・」
なんてことでしょう・・・
私はヒナタがイジメられていいとは思っていませんが、ターゲットが変わったらいいとも思ったこともありません。

何だか無性に腹がたってきました。
特担がヒナタのことや特級の子を思いやっていても、言ってはいけないことではないでしょうか。

私は「みんなに障害を知られたくないと、傍から見れば奇妙でも、必死で過ごしている娘を見ていて、それを受け入れるとは思えない。担任に当ててヒナタが書いた言葉に、みんなには知られたくないといって少し書いていることからみても、生徒からヒナタに何も言わない保証はないし、担任に裏切られたと考えた時、何も話さなくなる可能性があるし、そういった行動はやめてほしいと話しました。」
担任は納得。
特担は 「じゃあ、どうしたらいいんだ???」と。

数時間話し合って、特担はまだ ヒナタと信頼関係が成立していないし、今回は控えてもらって、担任がクラスの目標におきたいことに個性を認め合うクラスにしたいということから話を展開してもらうことに決まりました。

どの子もまだ 学校に入って一週間。
ヒナタのことを思いやる余裕はないだろうけど、私自身は、やっぱり理解してもらうという大人の観点より、こどもたちがこうしたらええんちゃうか?って関わっていく方がいい結果につながる気がします。
それは援助は少ないかもしれません。
でも大人に押付けられても、してやっているからは何も生まれない気がするんです。
まだまだ序章に過ぎませんが、どうか 楽しくも成長できる日々を送れますように願わずにいられません。

2007.04.12

category: 広汎性発達障害(AS)

1年生

中学校の入学式は、予想していたより良好に過ごすことができました。
ここ数日の様子をお話しますね。

ずっと 「スカートは はかない!」と、言っていたんだけど
当日はちゃんとはきましたよ。

0409.jpg


ヒナタのクラスの担任の先生は、英語の、とても若くハキハキとした女の先生で、ヒナタの幼稚園の年長さんの時の先生に似てるかな~?
声かけも全体的に分かりやすく、直筆イラストのクラス便りを、今は毎日出してくれていたりしてもらっています。これは学校での様子が少しわかるので、保護者に好評です
クラスにはAS君(同じ小学校)や一番好きだったNちゃんをはじめ、同じ小学校出身の子が、4人。他校の知り合いが2人。友達関係は、そんなに問題じゃないようですが…。

特別支援学級の先生は、ヒナタにとっては不評のようです。
毎朝、職員室に連絡帳を8時15分に届けに行くシステムを作ったり(みんなは8時25分登校)、ST(終わりの会のようなもの)の後に、特別支援学級(特級)で連絡帳を書くことを義務付けたりしています。

特級の先生のことは、ひなたにとって
小学校の時にどうしても嫌いといっていたS君と同じくらい嫌いだそうです。
1年生で特級に行っている子が7人いるのですが、ひなたはどうしても特級に行きたくないというところから嫌々特級に行かされているという気持ちにしか思えず、特級では暴言の嵐。
先生曰く、「その暴言のせいで 2人のADHDの子たちが、ひなたに攻撃して騒ぎになる。」そうです。
だったら ヒナタだけ隔離したらいいのに……←それはできない、必ず一緒に連絡帳を書くべきなのだそうです。

この特学の先生と特学という場所が嫌なので、学校に行きたくないと言っています。もちろん特級の先生にも同じことを言っているようですが…

学校に楽しみがないわけじゃないようで、理科室前の標本と、職員室前の生徒指導の先生宛の投稿メッセージと返事がとても楽しみなようです。
このメッセージは、生徒指導の先生に卒業生からの近況報告や、何で携帯電話を持ってきたらダメなの?とかイラストの上手なものや、ギャル文字のものまで様々で、色とりどりのメッセージが掲示板に貼ってあり、とても個性ゆたかですよ~。
一部の階段のステップの側面には、標語?のようメッセージが貼られていて、4階の教室に行くまでには、ヒナタも楽しんでいるようです。
じつはどちらも生徒指導(恩師)の作品?のようです(苦笑)

全体集会で何の話があったの?と聞いたときのヒナタの言葉も、『悪いことは自分のせい、良いことは誰かのおかげ』と教わったことを話してくれました。
これもやっぱり生徒指導のメッセージ。

いっそのこと生徒指導が特学ならうまくいったのかなぁ…(ありえないか)

私はというと、PTA役員なので、今は毎日のように学校に行っています。
早くヒナタも学校に慣れるといいなぁ・・・

2007.04.03

category: 広汎性発達障害(AS)

4月になりました

すっかりご無沙汰している間に、4月になってしまいました。

今日、中学校から家庭訪問のお知らせの電話がありました。
どうやら担任が決まった模様…
担任とひなたの顔合わせといったところでしょうか。
日付は今週の金曜日。
めっちゃ近いですやん!

その後、土曜日には中学校を訪問して、教室・音楽室・美術室などの確認をして欲しいとのこと。
他の保護者はそういう学校視察はないようですから、私だけなんでしょうねぇ(汗)

しかも同日に中学の役員会議(学級委員長になりました)があるんで、1時間程度でお願いしています。
4月は学級委員長ってやることが多いようで、既に2回の会議が終わってるんですが、まだ今月中に5~6回集まりがあるようです(汗)

4月は気持ち、忙しくなりそうです。
プロフィール

あきほ

  • Author:あきほ
  • 関西在住のおかんの戯言にようこそ!


    長女(ヒナタ)は広汎性発達障害/アスベルガー症候群。
    現在、高校1年生。

    二女(アカネ)は吹奏楽/ホルンに夢中。
    現在、中学2年生。

    毎日大騒ぎな我が家。
    おかんの日々の戯言をうだうだと書いてます。
    コメント大歓迎!気軽に書いてってね♪

クリックお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright ©かにの横ばい. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。