FC2ブログ

まっすぐ歩けなくってすんません…個性的な子供話炸裂中

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

そうよね~

ベイ命さん

ひなた(@娘)は単純なところがあってね~、 例えば『小山さんは名前に小がついてるだけあって、背が低い。小柄だ。』といった単純な表現をしてしまうことがあるんですよ。
ひなた自身は、小柄なところが可愛くていいな~i-178って思っていたりするから、相手の子が小柄なことを気にしてるか 周囲がどう思うかといった判断が難しいのでしょうねv-356
でも、今回は文集という残る物なので、第三者に誤解を受ける文章は避けるほうがいいのでしょうね。

ベイ君は、面白い表現を使いますね~v-410
やっぱり たくさんの本を読んでいるからでしょうか。
『大人びて』というより、町を人のように表現したりするところが、童話のように私は感じましたが、先生はこういった表現を使われる機会が少なかったのかもしれませんね。
うーーーん、不思議。

ひなたさん

長い付き合いの中で、娘の思いをどの先生よりも、早く気づいてくださるようになった先生なんですよ~。

トモ君の文章表現のこと、よく分かります。
ひなた(@娘)も、そういう表現が多いし、話していても、やっぱり文章の流れが、自分の言いたいところから始まってね…、じっくり聞いて話の意味が分かることもしばしば。
自分サイドの視点での表現が多いですね。
でもね、最近感じるのですが、全体的に子供たちの表現力が弱くなっている気がしませんか?あかね(@妹)にも・・・?と、感じることがあります。

土日に、日記の宿題かぁ・・・v-404
振り返って自分の行動と、感情を表現する(書く)のは、ほんと 至難の業ですよね。
トモ君は、パソコンが好きなんですね。楽しみが1つでもあったら頑張れることって、いいことですよね。
ひなた(@娘)も、宿題の算数プリントを画用紙に替えて貰っているので(もともとは、消しても破れにくいから)、裏にイラストを描いてもいいということを楽しみに頑張っていますよ。

2007.02.10  あきほ  編集

わたしも!

わかります、わたしも。
使いたい言葉って、あるんだよね。
それに、ひなたちゃんは、よくないイメージの言葉だとは感じていなかったのでしょう。
だけど、
「○田先生なら、クスッと笑って受けてくださるだろう・・・」
なんて、ひなたちゃんのことをよく理解してくださっている先生なんですね。

ベイ君のは・・・。
う~ん、ホントに、どこがいけないんでしょう?(苦笑)

文章表現といえば、トモの文章は、まだまだ自分の目だけで書いてるので、その場面を知っている人にはわかるけど、そうでない人には、伝わらないだろうなーと、よく感じます。
土日に、日記の宿題が出るんだけど、これが嫌いでねー、トモ。
いつも取り組ませるのに、日曜日の晩に苦労してました。
でも、担任の先生に相談したら、パソコンで書いて、プリントアウトして貼ってもいいですよと言ってくださったので、最近は、やる気になってます。
ちょっと話がそれてしまいましたね。ごめんね。(;^_^A

2007.02.06  トモ母 ひなた  編集

難しいね~

うんうん、わかるわかる。

ASの子って、小難しい言葉や覚えたての言葉を悪気なく、TPOもかまわず、使いたがるよね。

でも、よっぽどのことがない限り、本人の文章を大事にしてあげたいって思うけど、今回みたいな場合は、やっぱ本人の承諾を得て、直すほうがいいかもですね。
ひなたちゃんの名誉を守るためにもね。
分かる人にはわかるけど、知らん人には誤解を受けてしまうだろうし。

うちも文集のとき、ベイが
「僕は、この町が大好きです。僕たちをいつでも見守ってください。僕たちを導いてください。将来僕たちもきっと恩返しをします。」

って書いたら、「大人びてて子どもらしくないので、書き直させます」 と、連絡が来ました。
この場合、どこが悪いのか、私は全然わからなくて、
「本人の感じたままなので、そのまま載せてください」 と、お願いしました。
『恩返し』 『導いて』 の言葉がいけないらしいんだけど。。。???
宗教っぽいとか、そういうことかしら~?

2007.02.03  ベイ命  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

2007.02.01

category: 広汎性発達障害(AS)

傷つける言葉

学校から1本の電話がありました。

ひなた(@6年)の担任の先生が不在なので、臨時で入ってくださっているN先生からでした。

話の内容は、卒業文集のこと。

原稿の締切が迫り、子供たちの文集の誤字脱字のチェックをしていると、ひなたの原稿の文章が気になった。
修正を考えているが、まずは親に相談したい。

原案を養級のU先生に読んでもらって、納得してもらっているだけに
私がN先生とだけ話て決めてしまうのには戸惑いがあったけど、N先生は○田先生がお休みの間、任されている立場。戸惑うのは当然のこと。

文章で気にかかるといって連絡をもらったヶ所は、
『○田先生のことです。その名のとおり、おどおどしている先生でした。』
この文章は気にかかるということ。

確かに受け取り方によっては悪口です。

私も原案を読んだ時からひっかかっていたのですが、
他は先生のことをとても見ていて、好きなんだなと思わせる文章になっていました。

私にとって
ひなたの表現を作為的に障ることは容易なのですが
子供の文章のままに書かせたいと思っている先生に申し訳ない気がして
そのまま書かせました。

N先生には、私の思いを話し U先生と相談して欲しいとお願いしました。

夜になってU先生から電話がありました。
○田先生が読んでいらしたら、きっとクスッと笑って受けてくださるだろう。
しかし○田先生が不在の今、責任を受けておられる
N先生のお気持ちを察して、ひなたをよく知らない方が文章を読んでも
察していただけるような内容に変更することになりました。

変更も家庭でしなければなりません。

全ての文章を書きなおしは、やはり 負担です。
先生と相談し、二行を新しく原稿用紙に書くので、部分的な張替えをお願いしました。

さて ひなたの説得です。

落着いている状態のひなたと2人っきりで話ました。
思っていた以上に素直に受け入れてくれました。

修正した文章は、
『○田先生のことです。小がらで、もの静かな やさしい先生でした。』
になりました。

ひなたに先生のイメージをいっぱい言ってもらって、それを私がつなげました。

書きながら、ひなたが言いました。

「先生のことを、そんなに悪く書くつもりじゃなかったのよ。ちゃんと伝えといてね。」

うんうん。
先生もそれは分かってると思うよ。メールしとくね。
スポンサーサイト

comment

そうよね~

ベイ命さん

ひなた(@娘)は単純なところがあってね~、 例えば『小山さんは名前に小がついてるだけあって、背が低い。小柄だ。』といった単純な表現をしてしまうことがあるんですよ。
ひなた自身は、小柄なところが可愛くていいな~i-178って思っていたりするから、相手の子が小柄なことを気にしてるか 周囲がどう思うかといった判断が難しいのでしょうねv-356
でも、今回は文集という残る物なので、第三者に誤解を受ける文章は避けるほうがいいのでしょうね。

ベイ君は、面白い表現を使いますね~v-410
やっぱり たくさんの本を読んでいるからでしょうか。
『大人びて』というより、町を人のように表現したりするところが、童話のように私は感じましたが、先生はこういった表現を使われる機会が少なかったのかもしれませんね。
うーーーん、不思議。

ひなたさん

長い付き合いの中で、娘の思いをどの先生よりも、早く気づいてくださるようになった先生なんですよ~。

トモ君の文章表現のこと、よく分かります。
ひなた(@娘)も、そういう表現が多いし、話していても、やっぱり文章の流れが、自分の言いたいところから始まってね…、じっくり聞いて話の意味が分かることもしばしば。
自分サイドの視点での表現が多いですね。
でもね、最近感じるのですが、全体的に子供たちの表現力が弱くなっている気がしませんか?あかね(@妹)にも・・・?と、感じることがあります。

土日に、日記の宿題かぁ・・・v-404
振り返って自分の行動と、感情を表現する(書く)のは、ほんと 至難の業ですよね。
トモ君は、パソコンが好きなんですね。楽しみが1つでもあったら頑張れることって、いいことですよね。
ひなた(@娘)も、宿題の算数プリントを画用紙に替えて貰っているので(もともとは、消しても破れにくいから)、裏にイラストを描いてもいいということを楽しみに頑張っていますよ。

2007.02.10  あきほ  編集

わたしも!

わかります、わたしも。
使いたい言葉って、あるんだよね。
それに、ひなたちゃんは、よくないイメージの言葉だとは感じていなかったのでしょう。
だけど、
「○田先生なら、クスッと笑って受けてくださるだろう・・・」
なんて、ひなたちゃんのことをよく理解してくださっている先生なんですね。

ベイ君のは・・・。
う~ん、ホントに、どこがいけないんでしょう?(苦笑)

文章表現といえば、トモの文章は、まだまだ自分の目だけで書いてるので、その場面を知っている人にはわかるけど、そうでない人には、伝わらないだろうなーと、よく感じます。
土日に、日記の宿題が出るんだけど、これが嫌いでねー、トモ。
いつも取り組ませるのに、日曜日の晩に苦労してました。
でも、担任の先生に相談したら、パソコンで書いて、プリントアウトして貼ってもいいですよと言ってくださったので、最近は、やる気になってます。
ちょっと話がそれてしまいましたね。ごめんね。(;^_^A

2007.02.06  トモ母 ひなた  編集

難しいね~

うんうん、わかるわかる。

ASの子って、小難しい言葉や覚えたての言葉を悪気なく、TPOもかまわず、使いたがるよね。

でも、よっぽどのことがない限り、本人の文章を大事にしてあげたいって思うけど、今回みたいな場合は、やっぱ本人の承諾を得て、直すほうがいいかもですね。
ひなたちゃんの名誉を守るためにもね。
分かる人にはわかるけど、知らん人には誤解を受けてしまうだろうし。

うちも文集のとき、ベイが
「僕は、この町が大好きです。僕たちをいつでも見守ってください。僕たちを導いてください。将来僕たちもきっと恩返しをします。」

って書いたら、「大人びてて子どもらしくないので、書き直させます」 と、連絡が来ました。
この場合、どこが悪いのか、私は全然わからなくて、
「本人の感じたままなので、そのまま載せてください」 と、お願いしました。
『恩返し』 『導いて』 の言葉がいけないらしいんだけど。。。???
宗教っぽいとか、そういうことかしら~?

2007.02.03  ベイ命  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

プロフィール

あきほ

  • Author:あきほ
  • 関西在住のおかんの戯言にようこそ!


    長女(ヒナタ)は広汎性発達障害/アスベルガー症候群。
    現在、高校1年生。

    二女(アカネ)は吹奏楽/ホルンに夢中。
    現在、中学2年生。

    毎日大騒ぎな我が家。
    おかんの日々の戯言をうだうだと書いてます。
    コメント大歓迎!気軽に書いてってね♪

クリックお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright ©かにの横ばい. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。