まっすぐ歩けなくってすんません…個性的な子供話炸裂中

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

2009.07.13

category: 広汎性発達障害(AS)

個人懇談

懇談に行ってきました。


先日、修学旅行の写真の申し込みがあって

封筒だけ持ち帰ったヒナタに
・いつ写真展示があるのか
・誰が写真を申し込むのか(親or生徒)
聞いても「そんなんわからん」って怒るので、先生に聞いておいでと言い。

結局、
生徒たちが写真を確認して申し込んだのだけど、
ヒナタが次に持って帰ってきた封筒には集合写真一枚だけ番号が書いてありました。

「スナップ写真はどうしたの?」って聞いても、
「一枚だけ見つけたけど、人がいっぱいいたし、いらない」

一生に一回の修学旅行の写真なのにねぇ。。。

担任に連絡帳で知らせると、懇談の時に写真展示をしてくださるということだったので、急いで確認に行ってきました。

大きな模造紙にプリントされたハガキの半分もないサイズの大量の写真、その下に小さく番号が印刷されているのを見て納得。
そりゃヒナタには酷な課題だわ



写真を一通り見て、次は懇談。


クラス担任と支援級担任とヒナタと私。

いきなりヒナタのマシンガントークから懇談は始まる。
いや、複線にそれっぱなしか…
私がヒナタのお喋りを静止し、ようやく本題へ。


個別の指導計画書をもとに、各教科の担当の先生たちから一言程度のコメントをいただいているのを確認しながら話は進んでいく。

さすがに3年目。どの先生もある程度特徴を把握し、細やかな声かけを心がけてくださっていて一学期の指導結果に△(達成が難しい)がなかった。

一学期の予定の変更には、混乱が見られなかったことについても話し合った。
担任の事前の報告が前日までにきちんとされていたことや、前の黒板に大き目の字で書いた掲示物を貼ってくれていたことも効果があったように思います。

ヒナタの希望で、翌日の予定を支援級で書くのではなく、教室で書くことも決まった。

座席は声かけをしやすいように、担任が配慮し前列になっていたのですが、
最後尾の方が支援しやすいという入り込みの先生からの希望があり、検討してもらうことになりました。


次の課題としては、家庭では気持ちの切り替えや学習への切り替えについて努力していきたいと思います。
スポンサーサイト

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

プロフィール

あきほ

  • Author:あきほ
  • 関西在住のおかんの戯言にようこそ!


    長女(ヒナタ)は広汎性発達障害/アスベルガー症候群。
    現在、高校1年生。

    二女(アカネ)は吹奏楽/ホルンに夢中。
    現在、中学2年生。

    毎日大騒ぎな我が家。
    おかんの日々の戯言をうだうだと書いてます。
    コメント大歓迎!気軽に書いてってね♪

クリックお願いします

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

Copyright ©かにの横ばい. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。